359. 小さな命

アラカルト

おはようございます。キッズ育成スペシャリストのてっちゃんです。

地域の人々との関わり

娘たちは定期的に近くの里山に行き、森林・里山保全活動に参加しています。

木や竹が密集していると地表に光が届かないので間引く作業をしています。

地域の子どもからお年寄りまでが参加しています。

娘たちは皆さんから可愛がられ、また年下の子どもの面倒も見ています。

地域に育てられています。感謝しております。

生き物との関わり

森の中には様々な生き物がいます。

カマキリ、ミノムシ、チョウ、バッタ、、、

先日、水辺で溺れていたアゲハチョウの幼虫を助けて家に持ち帰りました。

幼虫(アオムシ君)はムシャムシャと葉っぱを食べまくり、昨日サナギになりました。

ここまで書くと、1年前からブログを読んで頂いている方はピンとくるはずです。

心がギュ~っとなる物語

実は1年前にも同じようなことがありました。

これはもう、絶対読んでください!

15.感性を磨くということ

今年はいったいどうなるか。。。

ドキドキワクワクです。

昨日1日があなたにとってワクワクする1日となりますように。

(^_^)vてつ

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

アラカルト子育て
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」