217.決断は1つ。言い訳は無限。

フィロソフィー
Photo by Johannes Plenio on Pexels.com

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

人と意見が違う時、対決してでも自分の意見を通そうとすることがあるかもしれません。

あるいは、相手の意見をリスペクトして認めることもあるかもしれません。

いずれにしてもお互いの尊厳を守るための境界線を保つことは、お互いにとって大切です。

アメリカの作家・思想家・詩人のヘンリー・デイヴィッド・ソローは言います。

 

もしも誰かが道連れと

歩調を合わせていないとすれば、

その人は別な行進曲を

聴いているからかもしれない。

 

それがどのような音階であれ、

かすかにしか聴こえない音楽であれ、

彼がその音楽に合わせて

進むことを認めるべきである。

by Henry David Thoreau

 

 

相手と意見が違うのは当たり前。

私は相手をリスペクトします。

私は本当の自分でいるために、他の人からの不当な影響を受けることなく、決断を自分で下します。

様々なきっかけはあるかもしれませんが、それがお互いの為であるならば、お互いのために決断する時がきます。

先日お話を伺った人からも「決断」の大切さを教わりました。

 

決断は1つ。言い訳は無限。

 

決断すれば行動に移せる。

行動できれば物事は前に進む。

人生は生まれた瞬間から死に向かって進んでいる。

止まることは後退と同じ。

2019年がスタートして半月。

今年のあなたの抱負は?

新年、あなたは何を決断しましたか?

私は今年に限らず、これからもずっと子どもの未来のために生きます。

それが親、兄弟、家族、チーム、みんなの幸せにつながるから。。。

 

今日1日があなたにとって自分自身を振り返る1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

62人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」