173.言葉のサンドイッチ

子育て
Photo by Pixabay on Pexels.com

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

練習後のサークルミーティングでは、いいとこメガネだけでなくアドバイスメガネで人に直してほしい事も伝えるようにしています。

しかし、改善してほしい事(リクエスト)をあまりにもダイレクトに伝えると反発を生んでしまいます。

実は、相手がすんなりとあなたのリクエストを受け入れてしまう伝え方があります。

以前もお伝えしたことがありますが、覚えていますか?

 

それは、「言葉のサンドイッチ」です。

 

こうしてほしい!という「リクエスト」を「承認」や「感謝の言葉」でサンドイッチすることです。

例えば、「早く食べなさい!」ではなく、

「いつも好き嫌いなく何でも食べて嬉しいな。早く食べて食器を洗う時間が早まれば、絵本を読む時間が増えるね。いつもママの料理をおいしい!って言ってくれてありがとう!」

などです。

こんな風に言われると嬉しいし、絵本を読む時間も増えるし、片付けるのも早まるし、怒らなくてすむし、おいしく食べれるし、早く食べ終わるし、笑顔になるし、、、

「早くしなさい!」って怒る前に、

ん!?ちょっと待てよ!そういえば、言葉のサンドイッチがあったな!と思い出せるといいですね。

そのためには常日頃からとりあえず使ってみる!

そして反応を確かめるのがいいかもしれません。

次回は、接続詞について書いてみようと思います。

 

今日1日があなたにとって笑顔の1日になりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

※英語バージョンはこちら

English version kidsfootball coaching

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

49人の購読者に加わりましょう

子育て
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」