252.「知覚」から「予測」へ

フィロソフィー
Photo by Wayne Evans on Pexels.com

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

一連のプレーの流れがどのようになっているか、確認してみましょう。

 

知覚

予測

判断

実行

でしたね。

まずは、知覚(観る)からプレーは始まります。

本来、この「観る」がないのにプレーは出来ないはずです。

ありがちなのは、何も観ずに(何も考えずに)来たボールを蹴る!というプレーです。

これではうまくなりませんよね。。。

実は、私はそんな選手の一人です(汗)

比較的今でもその習慣は抜けません。

どうしても焦ってしまったり、ビビってしまったりして適当に蹴ってしまう。。。

今の子どもたちは、私のような選手になってほしくないので、まずは「観る」ことや「観ておく」ことを意識させています。

その次のファクターは、

「予測」 です。

次のプレーのイメージを思い描くことです。

予測ができると相手よりも速く動き出せます。

これはものすごいアドバンテージです。

そして、普段の練習から「予測」は鍛えることができます。

また、オンザピッチ=オフザピッチの公式もあります。

さまざまな角度から「予測」の力を育むことができます。

では、また明日!!!

 

今日1日があなたにとって嬉しい1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

57人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー 低学年
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」