583. サッカーしか考えられない子どもは人生の選択肢が狭い

フィロソフィー

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』は、伊勢原市・秦野市・厚木市・平塚市からたくさんの子どもたちが集まり、サッカーを楽しんでいます。毎週火曜日はイトーヨーカドー伊勢原店屋上でサッカースクール開講中!

 

今日もブログを開いて頂いたあなたに心から感謝します。

あなたにとって何かの気付きがあれば

それが私にとっての喜びです。

もしネガティブに考えそうになったら

呼吸が浅くなっているのかもしれません。

まずは息を吐くことから始めましょう。

そこで一緒にネガティブな感情も出してみる。

そして笑顔を作りながら息を吸うこと。

単純ですが効き目はあります。

 

さて昨日は↓

582. 逆境はおいしい状況!?(本田選手コラムより)

 

今日は「人生の選択肢」についてです。

幼少期の経験値

 

子どもの頃にどれだけたくさんの経験を積んだか?

それが人生の幅を広げる土台となります。

私は、サッカーは大好きでしたが、他にも友だちと様々な遊びを体験しました。

近くに川があったので日が暮れるまで釣りを楽しんでいました。

親の思考

 

親が子どもにどんなことをさせるのか?

という考え方はとても重要です。

サッカーだけしかさせないのか?

他のスポーツや遊びをやらせるのか?

選択肢の幅を広げることもまた親の役目の1つと言えます。

私もよくスキーに連れていってもらいました。

旅行にもたくさん行きました。

主体的に遊ぶ

 

ゲームも楽しいと思いますが、私はできれば

体を動かして遊んで欲しいと思います。

自然の中で五感を刺激することも必要です。

木登りでもいいし、枯れ葉を集めるのでもいいです。

与えられた遊びではなく、自ら発想して主体的に遊んで欲しいです。

「遊ばされている」

ではなく

「自ら遊ぶ」

です。

サッカーだけではない

 

サッカーは楽しいし、社会性や道徳性も育み人間力を高められるスポーツです。

しかしながら、私たち大人は俯瞰して物事を見る必要があります。

世の中にはサッカー以外にも楽しいスポーツがあり、

遊びもあるということを伝えた方が人生を豊かに生きる事が出来ます。

サッカー漬けにして、サッカーバカを育ててはいけません。

子どもの選択肢を広げる必要があります。

そしてより好きになる

 

サッカー以外を知ることにより、

それをサッカーに活かすということも考えられます。

武道でも遊びでもその他のスポーツでも

何かを得られるはずですから、

それをまたサッカーに活かすのです。

家族で出掛ける

 

家族で一緒に出掛ける経験は、素敵な思い出として

心に刻まれる事でしょう。

様々な土地に出掛け、違う文化に触れて、

視野を広げる事が、いつもサッカーだけをやるよりも

長い人生を考えると有意義と言えます。

五感を刺激すること、思い出を作ること、

世界は広いと伝えることです。

君の考え方は正解かもしれないし、

正解じゃないかもしれない。。。

そんな会話ができるかもしれません。

大人の役割

 

子どもはサッカーが好きです。

サッカーやりたい!やりたい!と言うでしょう。

だからサッカーだけをやらせていればいいのか?

その考え方も否定はしませんが、幼少期においては

子どもの狭い視野を広げ、可能性を広げることが大切です。

育成年代でも休むことも練習という考え方もあります。

サッカー先進国の育成も昔からそのようになっています。

今の子どもたちには、大人が関与しない、

何もしない無駄な時間が必要です。

 

そしてそれはあなたにも言えるかもしれませんね。

 

 

ではまた明日お会い出来るのを楽しみにしております。

 

\ 無料体験会&親子サッカーのお知らせ /

 

 

\ 親子サッカーのお知らせ /

 

 

P.S. LINEに登録ありがとうございます。あなたのメッセージが他の人に見られたり共有されることはありません。他者に知られることなく、話ができる素敵なメディアです。

 

あなたのご意見ご感想をお待ちしております。

 

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

 

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINEにてどうぞお気軽に🎵

てっちゃんが直接返信いたします。

ありがとうございます。

※てっちゃんの自己紹介動画もあります。

登録後、画面右上の「ノート🗒️」からです。

 

(^_^)vてつ

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

50人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー 子育て 幼児
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」