207.新年の抱負は○○したい!から○○する!へ変換しよう。

フィロソフィー
Photo by Stokpic on Pexels.com

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

高学年になるとサッカーノートを記入してコーチに提出しています。(強制ではありません)

 

ノートの文章の中で、

「〇〇したい」と書いてあったら、

「〇〇する!」とできたら訂正してもらいます。

 

なぜなら人間は思ったことは実現の方向に進むし、

それを言葉や文字にすると更に実現へと向かうからです。

 

野球のイチロー選手やサッカーの本田選手の作文が、〇〇したいですのようにあやふやに描いているのではなく、かなり具体的に数字も織り交ぜながら書いていることはあなたも知っていることと思います。

 

そういえば、昨年の1年間だけでも仕事面・プライベート共に決断したことや、やる!と決めたことは本当に実現したり、その方向に動き始めたりしています。

 

最近、色々な本を読んだり人から聞くことの1つに、

「とりあえず行動してみよう!」

というフレーズがあります。

 

悩んだり考え込んだりするんだったら、とりあえず行動してみよう!

そして失敗してその失敗を元に次を考えて行動しよう!

「決断」は大切です。

決断しなければ行動はないし、

行動がなければ、失敗も成功もない。

つまり、

決断しない⇒行動しない⇒現状維持すらない。

それは、時がどんどん流れているからです。

 

私は決断するのに時間がかかるタイプですが、

本当に決めたら後戻りせずに絶対やるタイプです。

 

「〇〇したいな~」ではなく、「〇〇する!」と決断することが大切です!

 

私はお腹が出てきたから、ちょっとやせたいな~!(笑)

 

今日1日があなたにとって決断できる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」