662. なぜ、子育ては自分育てなのか?

フィロソフィー

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』は、伊勢原市・秦野市・厚木市・平塚市からたくさんの子どもたちが集まり、サッカーを楽しんでいます。毎週火曜日はイトーヨーカドー伊勢原店屋上でサッカースクール開講中!

 

今日もブログを開いて頂きましたね!

ありがとうございます。素直に嬉しいです!

そして(知らない間に)友人や知人、読者が爆発的に増えています。

毎日ブログを書いているからなのでしょうか?

本当に嬉しいです。

あなたにも感謝です。いつもありがとうございます。

 

さて昨日は↓

661. サッカーを楽しんでいるのは誰か?

 

今日は「子育ては自分育て」についてです。

子育てなのに自分育て?

 

「子育ては自分育て」

という言葉を聞いたことがあるかと思います。

確かに子育てを通して親が成長していると

捉えることもできるかと思います。

子どもが生まれて0才なら親もレベル0の状態。

6才になって、やっと親は小学校1年生レベル。

自分の親と比較

 

自分にとって初めての子育ての

比較対照は自分の親となります。

自分の親がいかに大変な思いをして

自分を育てたのか?

自分はいったいどのように育てられたのか?

だからこうしよう!

このように育てよう!

となり「感謝」や「ゆるし」

そして「理解」や「尊敬」の気持ちが出てきます。

今となっては、、、

 

もし、親に対しての評価をとても厳しく採点するのであれば、

自分が親になることに対しても

厳しいと感じてしまうかもしれません。

過去の記憶の中で、親の言動を否定したい気持ちもあるかもしれません。

でもそれは、もしかしたら歪曲されている記憶かもしれません。

今となっては分からないことが多いです。

今の年齢に当てはめると、、、

 

自分の今の年齢の時に、

親はいったい何を考え、

どのように仕事をしていたのか?

どんな覚悟で家庭を守っていたのか?

私の場合は、それを想像すると

ただただ感謝と尊敬の念しかありません。

それは個人個人で違います。

あなたの両親は、あなたの今の年齢の時に

どこで何をしていたのか?

そして、あなたは当時何歳だったのか?

少し振り返ってみてください。

共通していること。。。

 

人生の歴史は人それぞれ違います。

でも共通しているのは、

あなたが今そこにいること。

両親がいたからあなたがいること。

 

私は今、子どもを育てるという

貴重な経験をさせてもらっています。

自分の子どもは2人ですが、

フォレストの子どもを合わせると100人以上。

過去に卒業していった子どもや

少しでも関わった子どもは10万人以上。

気が付いたら、凄い人数に育ててもらっているのです。

自分は幸せです。

誕生日に思ったこと

 

先日、誕生日だったのでそんなことを考えていました。

当日は家族に祝ってもらいました。

そして、Facebookなどで物凄く大勢の方から

お祝いのメッセージを頂きました。

最高に幸せな気持ちになりました😍

 

と同時に私を産んでくれ、育ててくれた両親に

改めて感謝をしました。ありがとうございます。

 

ではまた明日お会い出来るのを楽しみにしております。

 

名古屋講演会の申込みフォーム

※遠方の方はオンライン参加できます。

※後日記録した動画をご覧になれます。

5/10(日)「スポーツ子育て講演会」お申込みフォーム
この度は、5/10(日)スポーツ子育て講演会 「スポーツを通じて子どもが輝く秘訣」 にお申込みいただき誠にありがとうございます。-----------------≪重要:2020/4/2追記≫ 新型コロナウィルス感染拡大予防として 今回のイベ

 

 

 

伊勢原FCフォレスト

Tel:0463-72-8353

 

mailto:ifc.forest@gmail.com

 

P.S. LINEに登録ありがとうございます。あなたのメッセージが他の人に見られたり共有されることはありません。他者に知られることなく、話ができる素敵なメディアです。

 

あなたのご意見ご感想をお待ちしております。

 

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

 

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINEにてどうぞお気軽に🎵

てっちゃんが直接返信いたします。

ありがとうございます。

 

(^_^)vてつ

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

62人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー 子育て
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」