2196. 子どもがかんしゃくを起こしたら

子育て

【フォレスト大楽】

 

フォレスト大楽 詳細はここをクリック

 

公式LINEのお友だち追加の方には期間限定プレゼント!

※今すぐ使える3つの子育てコーチングテクニック

 

友だち追加

 

LINE

 

さて昨日は

2195. ジャパンプライド

 

今日は「子どもがかんしゃくを起こしたら」についてです。

かんしゃくはダメ?

 

子どもを育てている

親御さんであれば誰しも

子どもが癇癪を起こすことに対して

ネガティブな印象を持っていたり

悩んでいたりするものです。

しかし、癇癪を起こすのは

感情を表現する一つの方法であり

成長過程の一部とも言えます。

 

ストレス

 

幼少期においては

自分の感情を言葉で表現するのが

簡単ではありません。

もちろん、、、

感情をコントロールすることも

うまくできません。

そのような理由から

癇癪を通じてストレスや

フラストレーションを

発散しているとも言えます。

 

調整方法を学ぶ

 

子どもは癇癪を起こすことで

感情のコントロールを学んでいます。

自分の気持ちを

他者に伝えるだけではなく

自分自身をも理解する

機会にもなります。

癇癪を経験することによって

感情の調整方法を

身につけていくのです。

 

では、どうすれば?

 

では、解釈を子どもが起こした時に

親はどうすれば良いのでしょうか?

 

一番良くないのは

子どもに同調してしまい

怒りを爆発させてしまうことです。

子どもの感情に共感し

「今は悲しい気持ちなんだね」

とか

「それが嫌だったんだね」

と、言葉をかけることで

自分は親から理解されていると

感じ、安心する事ができます。

 

悪い意味での「学習」

 

気をつけなければいけないことは

子どもが癇癪を起こした時に

すぐに子どもの要求に従い

思い通りにさせてしまうことです。

子どもは癇癪を起こせば

自分の思い通りになると

学習してしまうからです。

 

反発

 

おすすめは、子どもをよく観察し

小さな成功を

褒めたり認めたりすることです。

さらに、、、

親から強制的に何かを言われると

反発したくなるのが子どもです。

自分で決めるという機会を

与えると良いでしょう。

選択肢を3つほど与え

自分で決めるとうまくいきます。

いずれにしても、、、

子どもは、感情のコントロールを

学んでいる人生の途中!

ということを忘れずに。。。

 

【フォレスト大楽】

 

フォレスト大楽 詳細はここをクリック

 

お友だち追加の方には期間限定プレゼント!

※今すぐ使える3つの子育てコーチングテクニック

友だち追加

 

LINE

 

【考える力を育てる 子育て講座のご案内】

みずのSC流子育て講座

 

 

ではまた明日お会い出来るのを楽しみにしております。

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

愛と感謝と喜びを込めて。。。

 

伊勢原FCフォレスト

Tel:0463-72-8353

 

mailto:ifc.forest@gmail.com

 

※てっちゃんと直接連絡を取りたい方はこちらからどうぞ。

あなたのメッセージが他の人に見られたり共有されることはありません。

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINEにてどうぞお気軽に🎵

てっちゃんが直接返信いたします。

ありがとうございます。

 

 

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★木造スタジアムで人と地球を癒して未来の子どもたちに渡す★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングトレーナーの資格を持つ。

てっちゃんをフォローする
ブログをメールで無料購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

80人の購読者に加わりましょう
子育て
てっちゃんをフォローする