1622. 子どもの夢中を大切に

フィロソフィー

【子育て講座のご案内】

みずのSC流子育て講座

 

 

さて昨日は

1621. 好奇心の芽を摘む人

 

今日は「子どもの夢中を大切に」についてです。

子どもの頃

 

私たち大人は誰でも

子どもの頃に

何かに夢中になったり

一生懸命になったり

好奇心をもって

没頭したことが

あったはずです。。。

 

10年後

 

いつもこのブログで

書いているように

今の子どもたちが

社会に出る頃は

自分の好きなことや

得意なことをして

お金の循環を生み出しています。

 

幼少期の経験

 

その時に一番困るのは

自分の好きなことは何かわからない

とか

自分の得意なことが何なのか

分からない。。。

ということです。

幼少期の経験は非常に重要です。

 

夢の中

 

夢中とは「夢の中」と書きます。

まるで夢の中に

いるかのように

何かに没頭するという経験は

自分の好きなことや

得意なことを見極めるための

重要な経験になります。

 

没頭

 

一つのことに熱中し

頭を突っ込むことを

没頭と言います。

周りが全く見えないぐらい

周りからの声が聞こえないぐらい

何かに集中するということは

やはり

好きなことを見つけるための

重要な経験です。

 

子どもの夢中

 

子どもが一人で遊んでいる時に

余計な声をかけてしまう

親御さんがいるというのを

聞いたことがあります。

時期によってですが

みんなと遊ぶことだけが

良いというわけではありません。

あなたは子どもの夢中を

奪っていませんか?

 

 

【子育て講座のご案内】

みずのSC流子育て講座

 

 

ではまた明日お会い出来るのを楽しみにしております。

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

愛と感謝と喜びを込めて。。。

 

伊勢原FCフォレスト

Tel:0463-72-8353

 

mailto:ifc.forest@gmail.com

 

P.S. 公式LINE@に登録ありがとうございます。あなたのメッセージが他の人に見られたり共有されることはありません。

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINEにてどうぞお気軽に🎵

てっちゃんが直接返信いたします。

ありがとうございます。

 

 

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★木造スタジアムで人と地球を癒して未来の子どもたちに渡す★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングトレーナーの資格を持つ。

てっちゃんをフォローする
ブログをメールで無料購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

79人の購読者に加わりましょう
フィロソフィー子育て
てっちゃんをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」