913. 心の柔軟性は幼少期からの継続アプローチで

フィロソフィー

心の柔軟性を養うのは幼少期からの

継続的なアプローチが必要です。

なぜなら、、、

 


 

今日もブログを読んで頂き、ありがとうございます。

突然ですが、あなたはどんな顔で

このブログを読んでいますか?

笑いながら読んでいたら、それはそれで

周りから変な目で見られるかもしれませんが、、、(笑)

あまりにも真顔すぎたり、

眉間にシワを寄せて読んでいるなら

口角を上げて読むことをオススメします。

今ならマスクをしているから、あなたが

笑っていても気が付きません。

 

あなたが笑顔なら、子どもは笑顔です。

赤ちゃんはなぜ笑うのか?

それはあなたが笑いかけるからです。

あなたの心が投影される子育てを学びたい方は

プレセミナーにてお待ちしております。

すでに多くの方にお申し込み頂き感謝します。

【フォレスト流 子育て講座】

\ プレセミナー募集中 /

子育て講座
日々より良い子育てを模索しながら親子で一緒に成長したいと願っているお母さんに「てっちゃんメソッド」を提供することを通じて、ありのままの自分を愛しキラキラ輝く家庭の太陽となることで、家族みんなが幸せな毎日を送れるようになる講座です。

 

さて昨日は↓

912. 当たり前の事を当たり前にやる

 

今日は「心の柔軟性」についてです。

サッカーを通して

 

私は7年間Jリーグの湘南ベルマーレというチームで

サッカーコーチとして働いていました。

所属していたのは普及グループという部署で

毎日必ず幼稚園・保育園・小学校に出向いて行き、

サッカーを通して思いやり・協力・感謝

などを伝えていました。

10万人

 

毎日40人~120人と触れ合います。

ドイツやイギリス、日本での指導した人数を足すと

のべ人数は10万人を越えています。

 

さて、毎日湘南地区の小学校に行きましたが、

同じ小学生でも6年生と1年生では

体はもちろん心も違うし言葉も違います。

一言で

 

一言で表現すると

「心の柔軟性」

が全く違います。

例えば、、、

 

自分のボールを他の仲間が拾ってくれたら

「ありがとう」だし、

鬼ごっこでぶつかってしまったら

「ごめんね」だし、

転んでいる人がいたら

「大丈夫?」

という会話が自然だと思いますので、

そのような言葉が聞けた場合には

みんなの前で承認します。

ところが、、、

普通の事

 

ところが、こんな普通の事でも

高学年になるとなかなかスーっと

心には入らないことを感じます。

もちろん、照れくさいとか恥ずかしいなどと

思うのかもしれません。

それでも、

高学年でも自然にできている子どももいるし、

クラスや学校によってはたくさんできているな~と

感じることもあります。

 

とすると、、、

習慣

 

とすると、、、

これはもっと小さな頃からの習慣が

キーポイントとなるはず!?

という仮説を立てることができます。

 

たったの45分間の授業で子どもたちの

目の輝きが増して、エネルギーが上がり、

どんどん変化していく姿を見ると

余計にそう思うわけです。

代償

 

子どもたちの変化は素晴らしいです。

そして、心にずっとアプローチしてこなかったなら

その代償は大きいです。

幼少期の親やコーチの関わり方は

その子どもの一生を左右する

大切な土台作りの時期です。

そんなことも学ぶのが子育て講座です。

プレセミナーにどんどんお申し込みがあります。

お急ぎください。

【フォレスト流 子育て講座】

\ プレセミナー募集中 /

子育て講座
日々より良い子育てを模索しながら親子で一緒に成長したいと願っているお母さんに「てっちゃんメソッド」を提供することを通じて、ありのままの自分を愛しキラキラ輝く家庭の太陽となることで、家族みんなが幸せな毎日を送れるようになる講座です。

 

ではまた明日お会い出来るのを楽しみにしております。

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

感謝と喜びを込めて。。。

 

伊勢原FCフォレスト

Tel:0463-72-8353

 

mailto:ifc.forest@gmail.com

 

P.S. 公式LINE@に登録ありがとうございます。あなたのメッセージが他の人に見られたり共有されることはありません。

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINEにてどうぞお気軽に🎵

てっちゃんが直接返信いたします。

ありがとうございます。

 

 

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングトレーナーの資格を持つ。

てっちゃんをフォローする
ブログをメールで無料購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

77人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー低学年子育て幼児
てっちゃんをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」