886. コーチの役割は子どもが自分らしく表現できること

フィロソフィー

このブログを読んでいる方とお話すると、

いつもその方たちは、自分に置き換えて

読んでいることが良く分かります。

職場であったり家庭であったり、

自分事として捉えて読み進めると

入ってくることも多いんだと思います。

 


 

いつもブログを読んで頂き感謝します。

心と体と頭の関係について、

考えるきっかけをもらいました。

なんとなく分かっていたような、

分かっていなかったような、、、

本当は気付いていたけど、

気付かない振りをしていたような、、、

あなたは考えたことありますか?

 

【フォレスト流 子育て講座】

\ プレセミナー募集中 /

子育て講座
日々より良い子育てを模索しながら親子で一緒に成長したいと願っているお母さんに「てっちゃんメソッド」を提供することを通じて、ありのままの自分を愛しキラキラ輝く家庭の太陽となることで、家族みんなが幸せな毎日を送れるようになる講座です。

 

さて昨日は↓

885. 自分で決めたゴール設定とコーチのフィードバックの関係性

 

今日は「子どもたちの表現」についてです。

心がけること

 

子どもたちがサッカーをプレーする時に

コーチが心がけることの1つに

子どもたちが自分らしさを表現することがあります。

学年が少しずつ上がっていくと、

サッカーの本質とは何か?

というアプローチも必要になってきますが

とりわけ、、、

サッカーの入り口

 

とりわけ、大切なタイミングとして

「サッカーの入り口」

である幼少期がポイントであることに

異論を唱える人はいないと思います。

 

サッカーの入り口とは、

サッカーをやり始めた子どもたちが

どれだけ「楽しい!」と言えるか?

夢中になれるか?といった事です。

折り合い

 

基本的には自分の欲求に従いながら

走り回ったり、ふざけあったりする子どもたちに

大人であるコーチがどこに折り合いを付けるか?

それが私の課題の1つでもあり、

キッズ年代を指導するコーチの悩みでもあります。

 

うまくいったな!と思うこともあれば

うまくいった!とは言えないな~。

ということも多々あります。

大切なこと

 

そんな中でも大切だなと思うことは、

自分の「心の状態」です。

 

自分の心がざわついている状態だと

子どもの1つの言動に対して

ネガティブに受け取ってしまうし、

叱らなくてもよい場面にもかかわらず、

思わず叱ってしまうかもしれません。

 

そもそも子どもたちは自由ですから

大人の思い通りには動いてくれませんし、

発言もしてくれません。

いきすぎると、、、

 

そこでいきすぎた声かえをしてしまうと

自由さが奪われてしまい、当然の事ながら

子どもは楽しくなくなります。。。

 

だからといって、自由奔放に野放し状態でも

学びは少ないし、お互いに成長出来ません。

 

ということは、、、

やはり

 

ということは、

やはり自分自身を高めることであり、

心の状態を整える事が大切です。

子どもの年齢が上がってくれば

コーチの意図を察してくれる場合もありますが、

キッズ年代であればそうはいきません。

練習では、自分の心が鏡となるのです。

 

心にもフォーカスする講座です。

【フォレスト流 子育て講座】

\ プレセミナー募集中 /

子育て講座
日々より良い子育てを模索しながら親子で一緒に成長したいと願っているお母さんに「てっちゃんメソッド」を提供することを通じて、ありのままの自分を愛しキラキラ輝く家庭の太陽となることで、家族みんなが幸せな毎日を送れるようになる講座です。

 

ではまた明日お会い出来るのを楽しみにしております。

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

感謝と喜びを込めて。。。

 

伊勢原FCフォレスト

Tel:0463-72-8353

 

mailto:ifc.forest@gmail.com

 

P.S. 公式LINE@に登録ありがとうございます。あなたのメッセージが他の人に見られたり共有されることはありません。

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINEにてどうぞお気軽に🎵

てっちゃんが直接返信いたします。

ありがとうございます。

 

 

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングトレーナーの資格を持つ。

てっちゃんをフォローする
ブログをメールで無料購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

79人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー低学年子育て
てっちゃんをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」