620. なぜ「いい子」と育てられたら将来自我が崩壊するのか?

フィロソフィー

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』は、伊勢原市・秦野市・厚木市・平塚市からたくさんの子どもたちが集まり、サッカーを楽しんでいます。毎週火曜日はイトーヨーカドー伊勢原店屋上でサッカースクール開講中!

 

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

ウィルスの件が世間を賑わせています。

あなたの心をしっかりと定めて着実に進むこと。

これはあなたにとっても子どもにとっても大切です。

メディアはどうしても報道が過激になってしまいます。

その理由は、あなたもご存知の通りです。

あなたは地に足をつけて、深呼吸して

口角を上げて内面からのエネルギーを充実させる。

あなたは愛に包まれている感覚を思い出す。

もう、大丈夫です。

 

さて昨日は↓

619. 大人が待つことができないと子どもが成長しない理由

 

今日は「いい子は自我が崩壊する」についてです。

自我が崩壊する!?

 

子どもの頃に親から「いい子」と言われて育つと

どんな弊害があるでしょうか。

結論から言うと自我が崩壊する可能性があります。

つまり、自分とどのように付き合っていったら良いのか

分からなくなり、混乱します。

急に不安になったり、どうしたら良いのか分からなくなる。

ということもあり得るという話です。

「いい子」の定義は様々

 

親が「あなたはいい子ね~」

といつも言葉をかけていると、

子どもは当然のことながら「いい子」でいようとします。

親が思う「いい子」になりきります。

その家庭、その親によって「いい子」の定義は様々です。

あなたに愛されたい!

 

例えば、反抗することが許されない場合もあります。

本当は遊びたいのに親の意向の通りにするのです。

子どもは親に愛されたいという欲求はいつでも持っています。

嫌われたくないので、違う意見を言うことが出来ません。

反抗できないということは、

自分を押し殺すことにつながります。

あなたに甘えたい!

 

子どもはいつでも親に甘えたいという欲求があります。

しかし、甘えることが許されないと

感情を押し殺すことになります。

本当は甘えたいし、スキンシップが取りたい!

でも小さなうちから大人のように振る舞うことや、

自立を強要されてしまうと、心も感情も育ちません。

親は自分で気が付かない

 

パパが大好きだから、ママが大好きだから、

パパやママに嫌われたくないから、

いつも「いい子」を演じるのです。

言葉や感情を含めて、自己主張できないのです。

困ったことに、親が自分の子どもをそのようにしている

という意識はありません。

反抗、最高!子育て成功!

 

少し大きくなって子どもが「反抗」という形で

自己主張できたら子育ては成功です。

自分の子どもは言うことを聞かない?

最高です(笑)

そこからその子の本当の人生がスタートします。

あなたは子どもに「いい子」と言い、

周りからも「いい子」と言われて育つと

偽りの人生を歩むことになり、

将来自我が崩壊するかもしれません。

反抗期がきた?

だとしたら喜んでください。

あなたがやるべきこと

 

あなたは子どもにどう接したら良いのか?

それは

。。。

あなたが生まれてきてくれて良かった!

とギューっと抱きしめてください。

ありがとう!愛してる!と言って抱きしめてください。

あなたはあなたのままでいい!と言って抱きしめてください。

どんなことがあっても大好きだよ!と言って抱きしめてください。

あなたがどんなに悪いことをしても大好きだよ!と言って抱きしめてください。

そうしたら悪いことは出来なくなります(笑)

 

ではまた明日お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

伊勢原FCフォレスト

Tel:0463-72-8353

 

mailto:ifc.forest@gmail.com

 

P.S. LINEに登録ありがとうございます。あなたのメッセージが他の人に見られたり共有されることはありません。他者に知られることなく、話ができる素敵なメディアです。

 

あなたのご意見ご感想をお待ちしております。

 

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

 

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINEにてどうぞお気軽に🎵

てっちゃんが直接返信いたします。

ありがとうございます。

※てっちゃんの自己紹介動画もあります。

登録後、画面右上の「ノート🗒️」からです。

 

(^_^)vてつ

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

62人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー 子育て
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」