490. 停電になって知ったこと。。。それは。。。

アラカルト

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』は、伊勢原市・秦野市・厚木市・平塚市からたくさんの子どもたちが集まり、サッカーを楽しんでいます。

 

先日の台風では場所によっては甚大な被害が出たことと思います。

一日も早く日常の生活が戻ってくるよう、お祈りしております。

今回はその「日常」についてです。

台風の影響

 

川の堤防が決壊して家や車が水浸しになってしまったり、

屋根が飛んでしまったり、

命を落とされた方もいるとのことで、

ご冥福をお祈りいたします。

復旧のためにお仕事をされている方々に心から感謝いたします。

ありがとうございます。

家が停電に、、、

 

私の家も停電になりました。

幸い翌朝には復旧しましたが、これも作業にあたってくれた方々のおかげです。

感謝いたします。

知ったこと

 

電気がないと本当に困るということを改めて知る機会となりました。

まず、暗い。。。

暗いと不安感も増します。

そしてトイレが流せない。。。

お風呂の水をバケツでトイレに流すことで解消されました。

水が出ない。。。

私の住んでいるマンションは電気で水を汲み上げているためか、

水道の水が出ませんでした。

妻の用意周到さ

 

そんな中、妻はしっかりとランタンを用意しており、

家族で楽しく夕食を楽しむことが出来ました。

ディズニーランドで買ったランタンや懐中電灯も大活躍!

お風呂に水も貯めてあるし、

歯みがきで口をゆすぐためのペットボトルの水もある。

妻には頭が上がりません。

その場を楽しむ

 

LEDランタンのおかげで、楽しく夕食の時間を過ごすことが出来ました。

やることがないので、暗闇の中、花札をやるなどして楽しみました。

でも、その日は早めに皆で寝ることにしました。

あきらめが肝心ってことで。。。(笑)

日常が幸せ

 

こう考えると日常の生活がいかに恵まれているかが分かります。

スイッチ1つで明るくなること。

ドライヤーで髪の毛が乾かせること。

スマホの充電が出来ること。

水道から水が出ること。

歯磨き出来ること。

トイレの水を流せること。

挙げたらきりがありません。

全てに感謝

 

どんなに小さなことでも

感謝せずにはいられません。

そして、置かれた状況をプラスに捉えること。

甚大な被害を受けた方々に想いを寄せること。

自分に何が出来るだろうか。。。

サッカーを通してなのかな。

皆様に感謝します。

。。。

 

 

\ 告知 /

親子サッカーと年長・1年生の体験は定員に達しました。ありがとうございます。

2・3年生はまだ空きがあります↓

 

電話: tel:0463-72-8353

 

 

メール: ifc.forest@gmail.com

 

 

P.S. LINE@に登録ありがとうございます。双方向で話ができる素敵なメディアです。あなたのご意見ご感想をお待ちしております。

 

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

 

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINE@にてどうぞお気軽に🎵

てっちゃんが直接返信いたします。

ありがとうございます。

※てっちゃんの自己紹介動画もあります。

登録後、画面右上の「ノート🗒️」からです。

 

(^_^)vてつ

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

48人の購読者に加わりましょう

アラカルト
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」