486. 結果にとらわれすぎると力が出せない

フィロソフィー

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』は、伊勢原市・秦野市・厚木市・平塚市からたくさんの子どもたちが集まり、サッカーを楽しんでいます。

今回は自分でコントロール出来ない事に執着し過ぎないという話です。

指導者の心得についてですが、

仕事や子育てにもリンクするかもしれません。

自分ではコントロールできないこと

 

自分の力ではどうしようもないことがあります。

例えば試合の結果です。

どんなにあなたが叫んでも、わめいても

やるのは選手(子ども)です。

シュート30本でも負ける

 

どんなに試合でボールを支配しても

シュートが打てないと点が入りません。

シュートを1試合で30本打っても1本も入らないこともあります。

そして、相手のたった1本のシュートで負けることもある(涙)

日本代表レベルでさえ、そういった試合があるのです。

普段の生活でも

 

普段の生活でもあなたにはどうしようもないことがたくさんあります。

例えば、相手を変える!

これはよくやりがちだし、善意の気持ちでそのように思うかもしれません。

しかし、残念ですが相手は変わらないでしょう。

負のエネルギー

 

どうしようもない事に心を悩ませると

エネルギーを消費してしまいます。

負のエネルギーです。

執着しないで手放すほうが案外結果を手に入れることができるかもしれません。

自分でコントロールできること。

 

あなたのエネルギーは適正な場面で

適正な場所に使いましょう🎵

自分でコントロール出来ないことは手放して

自分でコントロールできることに集中しましょう。

自分でコントロールできることって、

何でしょうね???

LINE@にてお返事お待ちしておりま~す😊

私もあなたと一緒にそれを学び、鍛えていきます!

 

P.S. LINE@に登録ありがとうございます。双方向で話ができる素敵なメディアです。あなたのご意見ご感想をお待ちしております。

 

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

 

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINE@にてどうぞお気軽に🎵

てっちゃんが直接返信いたします。

ありがとうございます。

※てっちゃんの自己紹介動画もあります。

登録後、画面右上の「ノート🗒️」からです。

 

(^_^)vてつ

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」