376. サッカー選手になれない人のセルフイメージとは

フィロソフィー

神奈川県伊勢原市で活動しているサッカーチーム【伊勢原FCフォレスト】です。

今回は、サッカー選手になるための条件とセルフイメージについてです。

すべての人に

「理想の自分になること」

これは、サッカー選手に限りません。

すべての夢やなりたい職業、なりたい自分に言えます。

みんながよく使う言葉(表現)に

○○したい!

とか

○○になりたい!

がありますね。

残念なお知らせ

上記のような○○したい!

という表現をしているうちは残念ですが願いは叶いません。

それはなぜか?

それは、○○したい!という表現の裏側には、

「できないと思うけど、、、」

「絶対に難しいんだけど、、、」

という深層心理が隠されているからです。

言葉と意識が裏腹

言ってることは YES

でも心の中では NO

なんです。

大きくなったらサッカー選手になりたい!

と100万回言っても、なれません。

それはそうです。

言葉には出ていませんが、

「無理だと思うけど、、、」

という先入観があるからです。

じゃあ、どうする?

となりますね。

それは、、、

「サッカー選手になる!」

以上!

セルフイメージがサッカー選手しかない。

言い訳をしていない。

他の道筋(可能性)を自分で消している。

これでサッカー選手のイメージが鮮明に浮かびます。

決断する

決断するとは、他の道を断つこと。

必然的にそうなります。

人生は決断の連続です。

子どもだろうが、大人だろうが、

関係ありません。

自分のたった一度の人生を決めるのは

誰でもない。

自分自身。

あなた自身です。

最高の自分をイメージする

今のあなたは、あなたがイメージした姿そのもの。

他人ではないし、環境も関係ない。

あなたが今のあなたを望んでいる。

だから、今のあなたがそこにいる。

文句を言っても始まらない。

あなたが決めたことだから。

変わるなら今

経営コンサルタントでもあり、作家でもある舩井幸雄先生は成功者の条件をこのように言っております。

・素直

・プラス発想

・勉強好き

今日1日があなたにとって思考を変化させる1日となりますように。

(^_^)vてつ

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

49人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」