373. 【言霊】でサッカーコートを引寄せることに成功!

アラカルト

今回は、言霊が結果を引寄せるについてです。

サッカーを通して『人間力』も養いながら親子で一緒に成長したいとお考えの方に、独・英・Jクラブで確立した【4ステップ理論】を提供するキッズ育成スペシャリストのてっちゃんコーチです。

思考は現実化する

思っていること、考えていることは現実化に向けて進みはじめる。

そんなことを聞いたことがあるかもしれません。

そこで、私の頭の中に考えていることがあるのでお伝えします。

それは、

あと10か月後、

2020年4月5日(日)に

人工芝フルピッチ1面のコートを

伊勢原に作る!

という事です。

そのためにやることは山のようにある

まず、土地を探さなければなりません。

えっ!?そこから?

という感じですが、そこからです(笑)

資金の調達も必要です。

あとは、、、

まだ何も決まっていません(泣)

今、決まっていること

それは10か月後に

とりあえず、

グランドをオープンさせること。

それを決めたこと

それだけ。。。

さて、それを決めてどうなるのか?

何を引寄せるのか?

今から楽しみです(笑)

イメージしてください!

そのピッチで幼児がボールを追いかけて遊んでいる姿。

小学生が県内・県外から集まり、お互いを高め合いながらサッカーを楽しんでいる光景。

中学生が真剣勝負の中で世界をイメージしながら戦っているかっこいい姿。

かつて関わった子どもたちが大学生や社会人となり、再び集まって楽しそうにボールを蹴っている笑顔。

ママやパパが一緒にサッカーしながら子どもとスキンシップを取っているほのぼのした光景。

近隣の保育園や幼稚園の子どもたちが遊びにきて、笑顔と笑い声が天まで届いているシーン。

お年寄りから子どもまで、触れあっている空間。

はい!もう出来ないわけがない!

あなたは伊勢原にサッカーコートがあることで、

どれだけ沢山の老若男女が笑顔・健康・幸せになるのかを知ってしまった。。。

つまり、あなたも幸せになるためのパスポートを持ったメンバーの一員ということです。

という事で、土地募集中🎵です。

100メートル×200メートル

約6,000坪!

情報お待ちしております!

ちなみに、これとは別で駅前にスタジアムを作る計画もあります。

もちろん、まだ何もスタートしていませんが、、、。

自分の頭の中ではだいたいの設計図とオープニングセレモニーのイメージがあります。

今日1日があなたにとって夢をふくらませる1日になりますように。

(^_^)vてつ

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

アラカルトフィロソフィー
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」