365. 人に頼ることの大切さ

フィロソフィー

今回は、人に頼ることの大切さについてです。

サッカーを通して『人間力』も養いながら親子で一緒に成長したいとお考えの方に、独・英・Jクラブで確立した【4ステップ理論】を提供するキッズ育成スペシャリストのてっちゃんです。

人に頼る

自分の世界で凝り固まっていると、新しい発想は出てきません。

一人で思い悩んでいても解決しません。

では、どうするか?

「助けて~」

と言えばいいんです。

要するに「氷オニ」。。。

氷オニみたいなものです。

オニにタッチされたら氷になって固まる。

でも味方がタッチしてくれたらまた動ける。

氷になったら「助けて~!」

と叫べば助けてくれます。

ずっと黙って「誰か私に気付いて~」

でもいいですが、時間掛かりますよ(笑)

「助けて!」を言うか、

人に気付いてもらうのを待つか?

誰かがあなたに気付いてくれればいいんですが、

全く気付いてくれないかもしれません。

幼少期の経験

フォレストの子どもたちはとても優しいです。

誰かが転んでいたら、近寄って「大丈夫?」と声をかけます。

手を差しのべることが出来ます。

電車移動でお年寄りに会った時、優しく接することが出来ます。

幼少期からサッカーを通して経験を積んでいる訳です。

餅は餅屋

その道に得意な人はいるものです。

サッカーも仕事も得意なプレー、好きなプレーはお任せしてしまいましょう♪

私なんか、出来ないことがたくさんあるのですぐに皆さんに任せちゃいます♪

皆さん!いつもごめんね~

(↑全然反省してない。。。)

皆さん!いつもありがとうね~

(↑全然反省する気なし。。。)

相談窓口はこちら

あっ!ちなみに、私、あなたの話を聞くくらいなら出来ます♪

私でよければメールください↓

------------------

自分で考えて行動できるようになる
サッカークラブ
一般社団法人 伊勢原FCフォレスト

代表

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)

mailto:ifc.forest@gmail.com

今日1日があなたにとって行動できる1日となりますように。

(^_^)vてつ

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」