361. 親子の信頼関係とサッカーのコミュニケーション

フィロソフィー

今回は、親子の信頼関係とサッカーのコミュニケーションの話です。

サッカーを通して人間力も養いながら親子で一緒に成長したいとお考えの方に、独・英・Jクラブで確立した4ステップ理論を提供するキッズ育成スペシャリストのてっちゃんです。

信頼関係の大切さ

サッカーコーチと子どもだけでなく、親子関係、職場関係、全てにおいて信頼関係が大切です。

サッカーの上達、人間的な成長、円滑な人間関係においてコミュニケーションは大きなポイントとなります。

信頼関係構築のステップ

まずはよく相手を見て、

相手を受け入れる!

と思われがちですが、

最初のステップは違います。

それは、

相手ではなく、

自分からです。

まずは自分から心を開く

相手を変えようとするのは無理なことです。

相手は変わりません。

自分が変わるのです。

あなたがオープンマインドになることが先決です。

先日学んだこと

相手との信頼関係を築くことがすべてのスタート。

技術やテクニックをいくら学んだところで、信頼関係ができていなければ、

それは意味のないこと。

逆に、

本当の信頼関係さえできていれば、

「それは全てを凌駕する。」

そこで、相手との信頼関係をどのように築くかを考える。

しかし、その後、、、

それは浅はかな考え方だった!

と気づくことになります。

なぜなら最も大切なことが他にあるからです。

一番最初にやるべきこと

しかも

一番大切なこと

それは、

「自分自身との信頼関係」

です。

この手法は詳しく言えませんが、

しばらく自分と向き合うことになりそうです。

まだまだ成長のスタート段階ですが、

きっかけを掴み始めたてっちゃんです。

今日1日があなたにとって気付きのある1日となりますように。

(^_^)vてつ

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」