332. 知らない間に自己肯定感が上がっている○○とは?

フィロソフィー

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

では問題です。

あなたの子どもの長所を3つ挙げてください。

※お子さんがいない場合には、親や兄弟など身近な人でもいいです。

どうですか?

すぐに答えられましたか?

人は習慣の生き物です。

フォレストの子どもたちは毎回毎回必ずやっていることがあります。

それは、

いいとこメガネ

仲間の良い所を見つける。

言葉にする。

伝える。

これを習慣にしています。

家庭でもいいとこメガネ

そして、これがフォレストの家庭にも浸透しています。

子どもが親に、いいとこメガネ

親が子どもに、いいとこメガネ

言語化&コミュニケーション

ただ思っていたり考えたりしているだけでは、相手には伝わりませんよね。

言葉にすること。

&

伝えること。

これが大切です。

いいとこメガネの全国展開

さらに嬉しいのは、

他のチームも取り入れているという事実です。

「うちのチームでもやってます!」

という声を聞くようになってきました♪

さて、このいいとこメガネ。

人の良いところを見つける。

という事ですが、

実は衝撃の事実があります。

それは、、、

「他人は自分」

他人は自分を映し出す鏡みたいなものです。

つまり、

あなたが見つけた人の良いところは、

あなたの中にもある。

という事です。

しかも、、、

さらにまた衝撃の事実が、、、

潜在意識は

自分と他人を

区別出来ない。

のです。

つまり、

あなたが相手に伝えた、いいとこメガネは

実は自分自身に伝えていること。

なんです。

でもそれは潜在意識。

潜在意識とは無意識の事ですから、

無意識に自分を認めていることにつながります。

自己肯定感の高さ

フォレストの子どもたちや保護者がなぜ自己肯定感が高いのか。

なぜ、満足度が高いのか。

なぜ、楽しく笑顔でサッカーをしているのか。

なぜ、自分で考えて行動できるようになるのか。

理解できますよね。

さて、私はあなたに「いいとこメガネ」を贈ります。

・あなたは毎日仕事を頑張っている。

・仕事で悩むことは、責任のある証。

・あなたは毎日子育てに一生懸命。

・子育てに悩むことは、子どもを愛している証。

・あなたは毎日家事を頑張っている。

・誰も何も言ってくれないかもしれないけど、ちゃんと分かっていますよ。

今日1日があなたにとって幸せを感じる1日となりますように。

(^_^)vてつ

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

48人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー子育て
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」