461. 自分の子しか見えない親

フィロソフィー

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』は、伊勢原市・秦野市・厚木市・平塚市からたくさんの子どもたちが集まり、サッカーを楽しんでいます。

今回は自分の子どもの事しか見えない親御さんについてです。

これはサッカーシーンだけではなく、

どんな場面でも言える事です。

あなたなりの環境に置き換えて読んでみてください。

きっとどこかにヒントがありますよ。

自分の子しか見えない親

 

親だから当然、自分の子どもの活躍が気になります。

私も同じです。。。(汗)

サッカーはチームスポーツです。

チーム全体のパフォーマンスが大切です。

だけど自分の子どもが気になって気になって仕方ない。

親とはそういうものだと思います。

 

あまりにも余裕がない

 

今まで何千、何万人という親御さんと接してきました。

子どものプレーに一喜一憂してしまうのは仕方ないですが、

あまりにも過敏に反応してしまう親御さんもいました。

その方々に共通するキーワードは

余裕がない

 

ということです。

 

更に、そのような方々の特徴として

。。。

 

すぐにイライラしちゃう(汗)

 

ということもあります。

余裕がないからすぐにイライラしちゃうんです。

試合中にビデオやカメラで自分の子どもしか眼中にない方。

我が子の姿だけをずっと追いかけている方。

ダメとは言いませんが、、、

サッカーはチームスポーツであり、

ミスのスポーツだということを忘れないでください。

 

イライラすると子どもにあたる

 

余裕がないとイライラする。

イライラすると子どもにあたる。

すると子どもはどうなるか?

。。。

 

子どもは

自己否定感を持ちます。

 

否定的な言葉を一番言われたくない

パパやママから言われるのです。

 

自分はできないと思い込む

 

自分はダメだと思い込む

 

すると、

 

チャレンジできない!

 

 

すると、チャレンジしない子どもになります。

チャレンジする時点では成功も失敗もありません。

むしろたくさん失敗した方が経験値が上がります。

しかし、チャレンジしないと最悪の事態になります。

それは、、、

失敗も成功もしない

 

チャレンジしないと訪れる最悪のシナリオ

 

それは、

 

成功も失敗もしない

 

という事です。

つまり、

子どもは成長しません。

 

自分の子どもしか見れない親は、

結局、

自分の子どもの成長を阻んでいる親

 

という事なのです。

愛してるから仕方ない!

とか言ってる場合ではないのです。

でも大丈夫!!!

 

あなたが心に余裕を持つこと。

心のあり方を知ること。

あなたがあなたらしく輝くこと。

それを思い出すために

このブログを書いています。

そして更に詳しくお伝えするために勉強中です。

 

今日1日があなたにとって楽しい1日となりますように。

 

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINEにてどうぞお気軽に🎵

(^_^)vてつ

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー子育て
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」