336. 忘れ物をしても自分で考える!

フィロソフィー

ドイツ・イギリス・Jクラブでの経験を基に4ステップ理論でサッカーと人間力を同時に向上させる、キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

先日、1~3年生でフットサル大会に出場しました!

集合するやいなや「てっちゃん!すね当て忘れた!」とN君。

その後の会話

てっちゃん:「試合出れないね~😆」

子どもたち:「すね当ての代わりに何かを入れればいいんじゃない?」「そうだね!何があるかな?」

子どもたち:「ハッピーターンならあるよ!」

N君:「よし!それ入れてみよう!」

入れてみたものの、すぐに割れてしまいました。。。

その後コンビニに行き、自分で段ボールをもらって来た!

子どもたち:「これくらいちぎった方がいいよ」

N君:「それ、でかすぎるだろ!」「まあでもいっか!」

そこへT君がやって来た。

T君:「何してるの?」

子どもたち:「Nがすね当て忘れたから、みなで段ボールで作ってるんだよ!」

T君:「俺、すね当て2つ持ってるから貸してあげるよ!」

全員:「。。。」

すね当てを忘れたことくらい、なんてことないです。人には迷惑かけませんから。

私なんて昨日、飛田さんの講演会を主催していたのに、プロジェクターを事務所に忘れました。

これは人に迷惑かけちゃいます。

実際、スタートが5分遅れました。。。

スミマセン(汗)

まあでも、30分遅れるよりマシだし、

プロジェクターが壊れていた!よりもマシだし、

会場が当日になって予約できてなかった!よりもマシですから。

すね当て忘れた?

私なんて、オランダ・ドイツ遠征でベンチに財布の入ったカバンを忘れて○○○ユーロ無くしましたから。

それよりマシでしょ!?

人生、開き直りが大切です♪

今日1日があなたにとってハッピーターンのような1日となりますように。

(^_^)vてつ

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

57人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー 低学年
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」