369. 子どもの無限の可能性を引き出すたった1つの方法

フィロソフィー

今回は、子どもには無限の可能性がある!についてです。

サッカーを通して『人間力』も養いながら親子で一緒に成長したいとお考えの方に、独・英・Jクラブで確立した【4ステップ理論】を提供するキッズ育児スペシャリストのてっちゃんです。

子どもの心は純粋

子どもの心は純粋です。だからこそ、あなたの言葉を100%受け取ります。

良くも悪くもです。

例えば

「お前は勉強が出来ないな」

「算数が出来ない」

「いつまでたっても片付けが出来ない」

「行動がのろい」

などを言うと、実際その通りになります。

逆に

「勉強頑張ってるね」

「問題が解けると楽しいね」

「机がきれいになると気持ちいいね」

「自分のペースでいいよ」

などを言うと

「不快感情」が「快感情」

に変わります。

サッカーでは、

「1試合目はたいてい負けるな」

「PKに弱い」

などを言うと必ずそうなります。

そうか、俺たちって1試合目は負けるチームなんだ。

そうか、俺たちPKに弱いチームなんだ!という考え方が脳に刷り込まれます。

そうです。

思考は現実化するのです。

プラシーボ効果

医者がこの薬は効きますよ~と言うと、ただの水なのに効果が出るってやつです。

人間の思い込みって凄い力を発揮するんですね。

これは使わない手はない!

嘘も100回言えば真実となる

これはちょっと抵抗のある表現かもしれませんが、

実際にCMや広告など様々な場面で使われています。

子どもを見たら天才!と言おう!

「世の中には出来ないことばかり」

ではなく、

「何でもできる!」

と言おう!

自分を信じられる子どもが未来の日本を変えていきます。

しかし問題も

たった1つだけ問題もあります。

それは、

あなたです

あなたが満たされているかどうか

これが問題です。

あなたの心に余裕がなければ、子どもの良いところに目を向けられません。

ポイントが1つだけあります。

それは、

まずはあなたの心を満たす

これがポイントです。

あなたはいつも頑張っていることを認識するべきです。

仕事、家事、育児と言えばそれまでですが、それにまつわる細々したことを処理している。

信じられないくらい家族のため、同僚のため、仲間のため、会社のため、世のため人のために尽くしている。

これはもう紛れもない真実です。

自分で自分を認めましょう🎵

自分で自分を褒めましょう🎵

それがスタートです。

今日1日があなたにとって幸せを感じる1日となりますように。

(^_^)vてつ

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー子育て
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」