437. 子どもの成長を感じる幸せの瞬間~少年サッカーの合宿を通して~

フィロソフィー

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』は、伊勢原市・秦野市・厚木市・平塚市からたくさんの子どもたちが集まり、サッカーを楽しんでいます。

今回はサッカーを通して子どもが成長する姿を見ると幸せになる件です。

あなたは読み終わると感極まってしまうかもしれません。

そしてフォレストの指導哲学に触れたあなたは

さらにフォレストのファンになってしまうかもしれません。

感受性の高いA君

今年も尾瀬の合宿に参加したA君。

彼の成長ぶりには、目を見張るものがありました。

去年も合宿には参加しましたが、試合にあまり出ることなく、

なんとかチームと一緒に動く。

それが精一杯でした。

A君はとても感受性が高い子です。

全く関係ないチームのコーチが怒鳴っていると、

自分の事として捉えてしまい、

怯えて泣いてしまう。

そんな子でした。

あれから1年

あれから1年が経ちました。

今年の合宿ではどんな姿を見せてくれるのか?

とても楽しみにしていました。

と同時にどこまで一緒に行動できるか、

試合には出てくれるか、

一抹の不安があったことも確かです。

驚きの成長

しかし、ここまで成長した姿を見せてくれるとは思いませんでした。

例えば、、、

・試合には毎試合、必ず半分以上出ました。

・スタメンに選ばれたこともありました。

・自分のポジションの役割を全うしようと頑張っていました。

・常に仲間の位置を把握してパスを出していました。

・仲間のゴールに大声を出して喜び、感情を表現していました。

・一番最初に「頑張ろうぜ!」と声を出していました。

・仲間に水筒を率先して渡してくれました。

そして新たな気付き

途中から私はあることに気付きました。

確かにA君は去年とは違う。

去年より出来ることが増えている。

あらゆる面で成長を感じる。

それは明らかです。

しかし、私の気付きはそこではなく、

。。。

周りの仲間の成長です。

。。。

「A君、ポジションどこがいい?」

「いつでも出ていいんだよ」

「前半?後半?」

など、心に寄り添った問いかけをしている。

優しく思いやりのある言葉かけです。

しかも、更に凄いことに、

。。。

試合中、A君がボールを持つとその瞬間、

。。。

仲間の1人か2人がすぐさまサポートに行く。

A君のパスの距離はせいぜい3~5メートルですが、

それも分かっていて必ずその距離にいる。

なので、A君のパスの成功率は9割以上。

プレーの成功体験を積み重ねている。

そしてみんなから褒められる。

A君だけでなく、チームメイトが成長している。

少数精鋭のメンバーで勝ちにこだわることも時には良いと思います。

人数を絞らないと指導者は子どもを見きれないという意見もあります。

しかし、フォレストには様々なキャラクターの子どもがたくさん集まります。

人数が多ければ多いほど色が増えます。

ピッチ上が多彩に表現されます。

素敵なドラマが生まれます。

子ども同士の学び合いがあるのです。

人との関わり

少ない色、決まりきったストーリーで社会に出ていくのか、

自分の色を出し、他者の色が混ざるのを経験し、

お互いに高め合うことの難しさ、葛藤、ジレンマ、

そして、

協調性、優しさと思いやりの心を携えて

社会に出ていくのか。。。

この差は大きいと思いませんか?

6年前

A君は6年前、鬼ごっこが出来ませんでした。

鬼にタッチされるのが恐怖だったのです。

数年前、仲間にアドバイスをもらうと、

責められていると感じてしまい、

パニックを起こしたり、

泣きながら走り去ってしまうこともありました。

。。。

そのA君が合宿の最後の試合、順位決定戦で

。。。

スタメン、フル出場していました。

。。。

フォレストはそういうチームです。

。。。

今日1日があなたにとって幸せを感じる1日となりますように。

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、
連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。
どうぞお気軽に🎵
メール

mailto:ifc.forest@gmail.com

(^_^)vてっちゃんコーチ

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー子育て
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」