399. 「湘南ベルマーレのサッカー選手」という夢に向かって子どもたちは一歩踏み出した。

アラカルト

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』です。

今回は、夢を叶えるためのイメージトレーニングと「運」についてです。

ベルマーレ伊勢原市民デー

フォレストの子どもたちはベルマーレが大好きです。

あ、私もです😊

昨日は伊勢原市民デーだったので、伊勢原から大勢の人たちが、湘南BMWスタジアムに駆けつけました。

しかも対戦相手は「ヴィッセル神戸」です。

前座試合

あのイニエスタが来るということも手伝い、観客は14,000人以上でした。

そこでフォレストの6年生が前座試合をやらせて頂き、最高の経験になりました。

私も久しぶりにスタジアムに足を運び、

社長、監督、昔の同僚、スタッフの皆様と挨拶できて嬉しかったです。

たくさんの友だちや知り合いにもお会いしました。

皆さんから声を掛けて頂き、私は幸せ者です。

夢の舞台

ここは子どもたちにとって夢の舞台です。

プロサッカー選手になり、この場でプレーしたいと思っている選手は多いはずです。

その夢に向かって今日は大きな一歩を踏み出したと言えます。

ただスタンドから見ているのではなく、

実際にこのピッチでプレーしたのですから。

もはや夢は夢でない

人はイメージを具現化できます。

つまり、ピッチでプレーした今日のこの経験は人生に大きな意味をもたらします。

湘南対神戸の試合を応援しながら、

ついさっきまでは自分たちがその場所にいて、

プレーをしていたわけです。

ベルマーレの選手と自分を重ねていた子どもが多かったのではないでしょうか。

リアルなイメージトレーニングができたわけです。

イニエスタ半端ない!

それにしてもイニエスタの視野の広さと

状況判断の良さ、

プレーの選択、

相手との駆け引きなど、

凄すぎて言葉になりません。。。

試合は、

そして試合は、3対1の大逆転勝利でスタジアムは大興奮でした。
監督、おめでとうございます🎵

最高に感動する試合をありがとうございます。

夢を形にする第一歩

昨日はフォレストの6年生にとって、非常に意味のあるラッキーな1日でした。

夢への一歩を確実に踏み出せました。

貴重な機会を頂き、ベルマーレの皆様に感謝しております。

フォレストファミリーは皆、強運の持ち主です。

フォレストファミリーは皆、ついてる人たちばかりです。

幸運な子どもたち。

幸運なコーチたち。

幸運な自分。

私は幸せ者です。

ありがとうございます。

試合終了後、最後まで残ってゴミひろいしているフォレストの子どもたちって本当に凄い🎵

こうやって彼らはまた「運」を引き寄せるんだろうな。

「運」は目に見えないけど、確実に彼らは持っています。

ついてる子どもたちです。

きょう1日があなたにとって幸運な1日となりますように。

(^_^)vてつ

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで無料購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

65人の購読者に加わりましょう

アラカルト
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」