467. 成長の連鎖 ~保護者もコーチも子どもも~

アラカルト

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』は、伊勢原市・秦野市・厚木市・平塚市からたくさんの子どもたちが集まり、サッカーを楽しんでいます。

 

今回はフォレストの保護者がどんどん変化・成長している件です。

読み終わると、子どもの成長を願っていたあなたが、

まずは自分自身が変わること、成長することが先決だ!

と気付くのかもしれません。

 

チームの成長力

 

神奈川県伊勢原市にフォレストが誕生して

もうすぐ半年です。

選手の人数はどんどん増えています。

この半年で20人以上増えました。

子どもが1人増えるということは、ママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃん、兄弟など

3人~5人のフォレストファミリーが増えるということです。

少なくとも60人、恐らく100人以上のファミリーが増えていると思われます。

波紋の最初の一滴

 

伊勢原に国産木材で多目的スタジアムを作るという計画があります。

そのためには多くの人に賛同・協力してほしいのです。

伊勢原市を中心とした地域の人たちが

サッカーを通して笑顔・健康・幸せになる。

その波紋を広げるための最初の一滴がフォレスト立ち上げです。

子どもの成長と視点の先

 

昨日のブログにも書きましたが、フォレストの子どもたちの成長がとにかく凄いのです。

それはサッカーにも表れます。

サッカー以外の生活面にも表れます。

一番表れるのは彼らが社会に出る時、出た後でしょう。

なぜなら私たちがそこをイメージしてから目の前の活動に取り組んでいるからです。

見ている所(景色)が全然違うのです。

一番成長しているのは?

 

子どもが成長しているのは明らかですが、

では一番成長しているのは誰でしょうか?

。。。

そうです。

。。。

私たち大人です

 

子どもたちを通して、私たちは様々な声かけやサポートを考えます。

反省もします。

工夫もします。

つまり、

私たち大人が子どもたちに成長させてもらっているのです。

 

習い事なのか?

 

そのように考えると、フォレストのサッカーは

単なる子どもの習い事ではない

 

ということが分かります。

子どもとコーチと保護者が

みんなで成長するチームです。

これからの発展をイメージできます。

ワクワクしますね🎵

 

今日1日があなたにとってワクワクの1日となりますように。

 

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINEにてどうぞお気軽に🎵

(^_^)vてつ

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

アラカルトフィロソフィー
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」