432. 幸せな気持ちが一瞬にして崩れ去る親子のすれ違いとは。

アラカルト

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』は、伊勢原市・秦野市・厚木市・平塚市からたくさんの子どもたちが集まり、サッカーを楽しんでいます。

今回のブログはとても悲しくなるストーリーです。

ハンカチを手元に読んでください(泣)

ある晩

ある晩のことでした。

4年生の次女が

「パパ~!折り紙で何作って欲しい?」

と聞いてくるので

「ペンギン!」

とか

「車!」

とか

「ゾウ!」

などと答えていました。

彼女は見事に折り紙で作ってくれていました。

なんだか幸せな気持ちになります。

何の迷いもなく

折り紙を選び、

絵を描き、

ハサミでチョキチョキ。

それはそれは

あっという間に作るのです。

何かお手本のようなものがあるわけでなく、

写真があるわけでもなく、

1分もしないうちに

次々と出来上がります。

素敵な仕上がり

私はしばらくその場を離れ、

また戻ってくると

出来上がった作品は

1つにまとまっていました。

素敵に仕上がっています。

そして天国から地獄へ

「うらにおてがみがある」

と書いてあるので

裏を見ると、、、

。。。

なんと、、、

。。。

ママへ♥️

。。。

となっていました。。。

あのパパと娘の会話は

いったい何だったのか。。。

。。。

謎です。

パパへのプレゼントだと勘違いしていた

私が間違いでした(泣)

。。。

今日の話は以上です。

もう寝ることにします。

お休みなさい。。。

今日1日があなたにとって勘違いしない1日となりますように。

どなたか私の相談に乗ってください。

メール

mailto:ifc.forest@gmail.com

(^_^)vてつ

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

アラカルト子育て
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」