484. サッカーも人生も「頑張る!」から「楽しむ🎵」にシフトチェンジしている

アラカルト

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』は、伊勢原市・秦野市・厚木市・平塚市からたくさんの子どもたちが集まり、サッカーを楽しんでいます。

 

今回は「サッカー」も「人生」も楽しむことでうまくいく!

という話です。

この話、信じるか~信じないかは~?

あなた次第です(笑)

あなたは頑張る派?

 

うまくなりたい!

上達したい!

向上したい!

という時、努力は不可欠だと思いますか?

上達のためには頑張ることが大切で、

苦しいこと、辛いことは当然!

と思っていますか?

それとも楽しむ派?

 

それとも、、、

楽しみながら笑顔で取り組むことで

なんだか知らない間にどんどん上達するし、

成長しちゃってる!

というお気楽な感じが好きですか?

それぞれよい面がある

 

辛いこと、頑張ることの先に成功があると

とっても達成感がありますよね🎵

やりきったぜー!

という満足感もあります。

 

反対に、

うわ~!これ楽しい!

嬉しい!最高!

みんな笑顔♪

楽しいから自分からどんどん主体的になる!

自分で考えて行動しちゃう!

こんな方法もあるし、

これでも成功しちゃうんですけど、

知ってます???

私たちの世代は?

 

部活も体育もスポーツも共通するのは

「頑張る!」が多かったかもしれません。

コーチや指導者もいかに子どもに頑張らせるか?

で試行錯誤していたし、指導者自身も頑張っていた。

そんなイメージがありますが、

あなたはスポーツをどのように感じていますか?

体育とスポーツは違う!?

 

「体育」と「スポーツ」の違いを専門学校の学生にも調べてもらいました。

「体育」を英語にすると「スポーツ」かと思っていた!

という学生もいましたし、

「そんなこと考えたことな~い!」

という学生がほとんどでした。

今回はそこには触れませんが、

「体育」と「スポーツ」は全く別物です。

 

同じ「頑張る」でも質が違う

 

コーチや大人に怒られたくないから頑張る!

というのが一般的かと思います。

ビクビクしながらサッカーやってたこともありましたし。。。(汗)

勉強も仕事も何でも同じかもしれませんね。

喜びや楽しさが原点だと?

 

喜びや楽しさが原点だと

恐怖心はありません。

そして、

「努力」が「努力」でなくなり、

「頑張る」が「頑張る」でなくなります。

 

それはまるでフォレストの子どもたち

 

常に笑顔!

やる気満々!

自分たちから主体的に動く!

次を予測して動く!

チームのために動く!

本当に楽しんでいます。

もちろん、コーチもです(笑)

いや、コーチが一番楽しませてもらってる!!!😉

かもしれません。。。幸せ者です😊

 

 

お陰さまでイベントも大人気です。

※親子サッカーと、年長・1年の体験会は定員になりそうです。

※2・3年生の体験会は若干の空きがあります。

 

今日1日があなたにとってワクワクする1日となりますように。

 

子育て・サッカー指導等の悩み相談も、

連絡を頂ければ解決の糸口が見付かるのかなぁと思っています。

LINE@にてどうぞお気軽に🎵

てっちゃんが直接返信いたします。

ありがとうございます。

※てっちゃんの自己紹介動画もあります。

登録後、画面右上の「ノート🗒️」からです。

 

(^_^)vてつ

P.S.バックナンバーを読みたい方は、一番下の方までスクロールすると「アーカイブ」があります。

 

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

IseharaFC Forestをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

44人の購読者に加わりましょう

アラカルトフィロソフィー
IseharaFC Forestをフォローする
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」