76.あなたはどっち?褒める?認める?

フィロソフィー

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、褒めることと認めることについてです。

「褒めて育てる」とよく言われますが、

それは果たしてよい事なのでしょうか?

「認める」ことが大切とも言われます。

あれっ!?どっちがいいの?

結論から言うと、
どちらも大切だと思います。
でも、気を付けないといけないなと思うことがあります。
それは、
「人にレッテルを貼ってはいけない」
ということです。

具体的には、「あなたは良い子ね」とか「あなたはえらいね」

などの言葉です。
子どもは純粋です。
場合によっては、「良い子」でいなければいけないとか
「えらい子」じゃないとダメとか思ってしまう可能性があります。
そもそも、それらはあやふやで具体的ではありません。
もしかしたら、褒められるために行動する子になるかもしれません。
人は失敗から成長するのに、行動を制限することになるかもしれません。

では、どうするか???

やはり、プロセスが大切です。
がんばったこと。
努力したこと。
取り組む姿勢。
あきらめない力。
それらは誰もが持つ、美徳。
それらを認めて言葉にする。
それが、あなたやあなたのチームにとって
良い事であったり、力をもらうことであったり、素晴らしいことであれば、

「ありがとう!」

と、感謝を伝える。
そう考えると、褒め言葉は大切です。
さらに、

「認める言葉」や、「感謝の言葉」も本当に大切です。

~今日のまとめ~
  • 「良い子ね」「えらいね」ではなく、
  • 具体的な言動を認めて伝えよう!
  • 美徳の言葉や感謝の言葉を遠慮なく伝えよう!
今日1日があなたにとって、子どもの良い面を見つけて伸ばせる1日となりますように。
(^^)/て
★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★
一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

34人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー子育て
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」