151.試合はボロ負けでした。。。が。。。

フィロソフィー
Photo by Wayne Evans on Pexels.com

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

先日の低学年の試合を見ていて気付いたことがあります。

それは、

 

サッカーを通して人に対する

 

「優しさ」や「思いやり」

 

が育っているんだな~

 

ということです。

年少さんからサッカーを始めている子もいるので長い子では3年以上の付き合いです。

 

試合でよくあるのが、ぶつかったり転んだりして泣いてしまうことです。

仲間が試合中に泣きながら転んでいると、試合はそっちのけで助けに行く。。。

 

「〇〇くん、だいじょ~ぶ~?」

 

「どこがいたいの~?」

 

そして、手を差し伸べて立たせてあげる。

仲間にそのようにしてもらったら、嬉しいし頑張ろう!ってなりますよね。

 

別の場面では、泣いた子と手をつないでベンチまで一緒に行き、

他の子と(勝手に!)交代していました。(笑)

 

また別の場面では、転んでいる仲間を見付けたS君が

(審判の許可なく!)グランドの中に走り寄って行き、

「大丈夫か?」と抱きかかえていました。

 

試合の勝ち負けは大切です。

と同時に試合以外で大切なことを自分たちから主体的にできている。

そんな彼らに感動しました。

 

今日1日があなたにとってキラキラ輝く1日でありますように。

 

(^_-)てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

※英語バージョンはこちら

English version kidsfootball coaching

 

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

34人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー低学年
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」