37.君にも打てる!ファイヤートルネードシュート!

低学年

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日はあなたにも誰にでも、実は、ファイヤートルネードシュートが打てる!という話です。

ファイヤートルネードシュートは、サッカーのアニメ”イナズマイレブン”に出てくるシュートです。キャプテン翼で言えば、”タイガーショット”とか”ドライブシュート”みたいなイメージでしょうか。

さて、先日の3年生の練習。最後のミニゲーム前にこんなやりとりがありました。

私:「ヘディングでシュートを決めたら2点分ね!」

子ども:「じゃあ、ボレーシュートで決めたら?」

私:「えっと~、3点」(難しいよねと内心思っている)

子ども:「オーバーヘッドは?」

私:「う~ん、5点!」(まあ、無理だよねと内心思っている)

子ども:「じゃあ、ファイヤートルネードシュートは?」

私:「えっと!1万点!!!」(ふざけるなよ!と内心思っている)

子どもたち:「やった~!ガンガン打とうぜ!」(いい加減にしろよと内心思っている)

ゲームが始まり、しばらくしてもう1人のコーチが近寄ってくる。

「てっちゃん、あの子たちの中でのファイヤートルネードシュートの定義知ってます?」

私は、「いや知らんよ!そんなもん!」って普通に答える。

すると、

「シュートを打つ前に自分でファイヤートルネード!って言えば、それでいいらしいです。」

「えっ!?・・・・・」

「ほら!見てください!あの子ら、みんなシュートを打つ前に言ってるでしょ」

「ファイヤートルネード!」って。

確かに。。。

これはハードル低すぎたな~と後悔する私。

「どうしよう。1万点にしちゃったよ。。。」

「大丈夫みたいです。全然シュート入ってませんから。。。」

「ほんとだ。」

「意外と難しいんだね。」

あなたも挑戦してみてください。

シュートの前に「ファイヤートルネード!」と叫ぶだけ。

シュートする前にそんな長いフレーズ言ってられませんから。。。

今日1日が、あなたにとって何かにトライする日になりますように!

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

34人の購読者に加わりましょう

低学年
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」