35.失敗から学び、行動に責任を持たせる

フィロソフィー

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は失敗から学ぼう~!という話です。

 

これまで失敗させることが、どれだけ大切かの話をしてきましたが、腑に落ちましたか?

そもそも成功するためには、何十回、何百回と失敗することが大切です。

そして、自分の行動に責任を持たせれば良いんです🎵

 

大人のあなたは、こどもよりも人生経験が豊富。

だから、原因と結果の法則を知っている。

これをやればああなる。

こうやっておけば失敗しない。

先回りできるのです。

 

でも、それはあなたがいたから。

子どもが社会に出たとき、

独り立ちしたとき、

まだ、あなたは子どもが転ばないように、平坦な道を整備し続けますか?

転んだら一人で起き上がることのできない人間に育てたいですか?

 

 

人に不愉快な思いをさせてしまった。 →

謝る。

 

 

お茶をこぼしてしまった。→

布巾で拭く。

 

 

ボールやすね当てを忘れた。→

試合に出れない。

 

 

失敗した。→

学んで次に活かす。

 

 

失敗 → 学ぶ → 責任を自分で取る → 成長する

 

 

子どもには子どもの人生。

あなたにはあなたの人生。

やってあげたい!その親心。分かります。

愛しているからですよね。分かります。

 

さて、これからどうします?

 

 

今日があなたにとって決断、決心できる1日になりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

34人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」