405. とにかく子どもが楽しんでいるレベルの高いリーグ戦とは?

フィロソフィー

神奈川県伊勢原市のサッカーチーム『伊勢原FCフォレスト』は、伊勢原市・秦野市・厚木市・平塚市からたくさんの子どもたちが集まり、サッカーを楽しんでいます。

今回は川崎市のジュントスさん主催の「そったくリーグ」報告です。

 

95.Jリーグでもブンデスリーガでもない。啐啄(そったく)リーグです!

サッカー➕水遊び

2019年7月20日 5年・3年・2年

5年・3年・2年が伊勢原市から川崎市まで、電車・バスを乗り継いでリーグ戦に参加してきました。

サッカーも出来るし、水遊びも出来る!

子どもにとってこんな天国ないです(笑)

遅刻者相次ぐ

今日の集合時間にはほとんどのメンバーが集まって来ませんでした(汗)

でも、ちゃんと事前に電話してきます。

そこは偉いです!

間に合ったグループも?

しかし、間に合ったグループもいます。

そのグループは1時間前に着いてしまい、早速水遊び♪

 

バスの運転手さんの神対応

遅れたグループは、違うバスに乗ってしまい、終点まで行ってしまったそうです(汗)

しかし、優しい運転手さんの神対応で次の乗り場まで無料で送ってもらったそうです。

信じられない。。。そんなことあるんですか???

 

本当に感謝感謝です。

314.世界最高峰レベルのリーグ戦(啐啄リーグ)開幕!

試合開始なのに、どこいった!?

さて、もうすぐ試合!

しかし、3年生はチーム分けがまとまらず、試合開始!あれっ!試合始まってる!?

でも5年生が「3年生!試合だよ~!」と教えてくれる。

5年生すごい!!!

ちなみに、試合開始のタイミングで毎回水遊びしているチームはフォレストだけでした(汗)

その間に失点してる。。。当然です。

いないのが悪いんです。

この場をお借りしてお詫び申し上げます(深礼)

 

 

参加チームの人間力の高さ

フォレスト以外のチームも素晴らしいチームばかり。

人間力も高い!

シュートを弾いたけど失点してしまった味方のGKに対して、、、

「手、大丈夫か?」

「後で氷で冷やせよ!」

と言っている。優しい♥️

 

 

自己主張を学べる

審判はいないので、反則などのジャッジは全て子どもたち。

フォレストの選手にハンドか何かがあり、

相手チームと言い争いになっている!!!

そして話し合いの結果、PKに!

PKのマークはグランドに書いていません。

フォレストのGKが歩幅で蹴る場所を決める。

ところが、それがゴールからとても遠い場所!

明らかにフォレストのGK有利!

相手チームのキッカー不利!

案の定、相手チームはPK失敗。。。

一連の流れを外から見て、コーチたちで笑ってる。

 

342. やっぱり最強のリーグ戦、そったくリーグ

とにかく笑顔・笑顔・笑顔

このピッチには子どもたちの声と

笑顔が溢れています。

サッカーをやらされている子どもはいません。

メンバーも

作戦も

タイムスケジュール管理も

自分たちでやります。

ここでは、

遊びの中にサッカーがある

ということです。

この意味、

理解してもらえますでしょうか?

だから、レベルが高いのです。

 

86.「教える」ことと「学ぶ」ことの関係(コーチ編)

今日1日があなたにとって笑顔の1日となりますように。

(^_^)vてつ

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

46人の購読者に加わりましょう

フィロソフィー子育て
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」