129.子どもの人生を変える3Kの育て方。

キッズコーチング
Photo by samer daboul on Pexels.com

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、「3K」についてです。

日本キッズコーチング協会では、人間の成長を7ステップで捉えています。

その最初、つまり0才では「好奇心」を育む時期としています。

ちなみに、7つのステップを上がっていくとまた1つ目に戻ってきますので、7才もやはり「好奇心」となります。

人間の行動の出発点は、

「楽しい!」

「これは何だ!?」

「やってみたい!」

「さわってみたい!」

などの好奇心です。

この触った感じは何だろう?

これはどんな音だ?

どんな味だ?

これらの五感を0才児・7才児は、刺激することが大切です。

興味・関心・好奇心が次のステップ「やる気」に繋がるのです。

そして、この興味・関心・好奇心こそが、

「気付き」や「学び」の原点なのです。

0才では、どんどん興味を持たせるような仕掛けが大切です。

7才では、例えば自然の中で五感を刺激して思いっきり遊ぶ事が大切です。

0才では、まだ記憶を司る脳の中の海馬は働きませんが、スキンシップだけは記憶に残ります。

0才でも7才でもスキンシップは大切です。

親子のスキンシップ、抱きしめてあげること、愛の言葉をかけること。

これらが子どもの自己肯定感を高めます。

Kyoumi , Kanshin, Koukishin の3Kを意識して子育てしていきましょう♪

 

今日1日があなたにとって最高にハッピーな1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

※英語バージョンはこちら

English version kidsfootball coaching

一場 哲宏(てっちゃんコーチ)
IseharaFC Forest

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。
日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間FCしらゆりシーガルス監督を経て2019年には一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同チーム代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC認定キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してください。ブログ更新時にメールでご覧になれます。

34人の購読者に加わりましょう

キッズコーチングフィロソフィー子育て
伊勢原市のサッカーチーム「フォレスト」